嫌いな色って…

本来、人は「嫌いな色」はありません。
生まれてから、あらゆる経験を経て「嫌いな色」ができてきます。

例えば、嫌いな先生が●●色を着てた、
お母さんに怒られたとき、お母さんが▲▲色を着てた、など。

色を嫌いになるには理由があるのです。

当校の生徒さんの中にも、色を受け入れない方もいますが、講座を重ねていくうちに、
嫌いな色が好きになり、あらゆる色を受け入れられるようになっています。

嫌いな色を探ることで、抱えている問題が解決することもあります。

また、なぜこの色ばかり着るのかなと考えると、あなたの深層心理が見えてきます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください