大好きな建築家をご紹介

大好きな建築家。

建築家エマニュエル・ムホー

https://www.emmanuelle.jp/100colors

福岡にも彼女の作品があります。
しかも保育園。子供達楽しいだろうなぁ。
まあ、これだけふんだんに色彩を使えば
迫力あるし感動すると思いますが
過度だから「色彩ってすごい」のではなく
適度な量の色彩でも、効果を感じて欲しいなと思います。

酸素があるのと同じレベルで
当たり前に存在している色彩ですが
生きていく上で、大切な糧です。

色彩のない世界をイメージしてみてください。
目の前の景色が、1色だったらどう感じますか?


信号が1色だったら?
事故起こさずにすみますか?

コンビニの看板が1色だったら?
迷わずロー○ン見つけることできますか?

全員が同じ色の洋服だったら?
すぐに待ち合わせの人と会えますか?

色彩は、情報であり刺激です。
生活に欠かせないツールです。
見た目だけの、流行りの、ツールではないのです。

あまり知られていませんが
医療の現場でも色彩は活用されています。
それが色彩療法です。

当スクールの色彩心理セラピーも
11年前のスクール開校以前は、心療内科で実践しておりました。
色彩という電気信号により脳へ刺激を与えて、言葉では響かない深層心理にアプローチしていきます。


色彩の重要性、そんな大袈裟なものではなく
生活レベルでもっと広がってほしいなぁと思います。