なぜ脳科学なの!?

宇宙と言われる「脳」は、超魅力的なミステリーです。
フロイトの発見した無意識は脳のどこに存在するのだろう?
そして、意識はどこで生じるのだろう?
≪無意識は大脳辺縁系の扁桃殻、意識は前頭連合野≫

人の性格を作り出すと言われる脳内物質…
ドーパミンやノルアドレナリン、セロトニンなど今、分っているのは70~80種類だとか。
色彩は、何よりも一番早く脳に届き、
≪赤はアドレナリン、黄色はβエンドルフィン、紫や黒はノルアドレナリン、
青はセロトニン、緑は成長ホルモン、ピンクはエストロゲン≫

などのホルモンの分泌を促します。

また、脳は超さみしがり屋。
空白ができると神様だって幽霊だって連れ出してくるのです。
ドーパミンの過剰分泌は、幻覚や幻視、幻聴を引き起こす!
神様も前世も、背後霊も、すべて脳内物質の仕業!?
ということは、サイキック能力はドーパミンの過剰分泌…?
眼が捉えた外の世界も、内なる想像の世界も映し出すスクリーンは
脳の中です見たものを見たまま映し出している…と疑う余地もない私達ですが
案外自分の都合のいいように削除し、捏造し、
画像を修正したものが上映されているといってもいいでしょう。

脳の世界は不思議なことばかりあなたの常識が非常識になっていく…
心理学を深く理解するには、脳科学を!
≪色彩心理セラピスト養成講座「CETプログラム」≫は
色彩心理に心理学と脳科学が融合した専門性の高いカラーセラピー講座です。

あなたも心理と色彩のプロになりませんか?