不味そう!とイメージできますか?

 一見ポジティブに見えても、根底にあるものがネガティブな場合
それが色使いに表れたりします。

ネガティブといえば、暗い色のイメージありませんか?
いえいえ。
明るい色でもネガティブなこともあります。

色を正しく読み取るというのは、心理を正しく読み取ることなので
色の意味さえ知っていたら良いというわけではありません。
そのためには心理学の基本は欠かせません。

言葉では嘘が言えても
色の前では、誰もが素直になってしまうのです。

ふふふ、やっぱり色ってスゴイ。

はい!
ハンバーグいきますよー!

不味そう!とイメージしてください。



写真見て、不味そう!とイメージできましたか?
ハンバーグが美味しそうに見えた、そこのあなた!
唾液の分泌が増えませんでしたか?笑

そう、まさにそれが色彩効果。

食欲湧く赤と、赤を引き立てる補色の緑が、相乗効果で食欲増進!

ただし、色彩効果は過度な心理状態では正常に機能しません。

あ、このハンバーグ、美味しかったのは言うまでもありません。

まずはここで色彩心理の世界を垣間見ませんか?

https://ameblo.jp/vivantstyle/entry-12638522868.html

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください