トムとジェリーから学ぶ非言語のチカラ

たまに、アマ〇ンプライムで見ているトムとジェリー📺
トムとジェリー以外は台詞があって
トムとジェリーは無言なんですよね~。

ナレーションはあれど
言語以外で伝えたいことや愛らしさを表現していて内容も伝わってきます。
無声音は、情報過多の今だからこそ斬新で新鮮に感じます。

ご存じの通り、情報を伝えるのは、何も言葉だけではないということです。
むしろ、言葉以外の非言語の方が多い。

非言語とは、文字通り言葉以外の言語であり伝達ツール。

コミュニケーションにおいては、
ジェスチャー(身振り手振り)
姿勢、動き(うなずきや振る舞い全般)
表情、声のトーン(強弱や早さ、間)
などがありますが、それ以外にもあります。

人、モノを作る要素はすべて当てはまります。
上記ともかぶるところはありますが…
素材、質感、形、匂い(香り)、音、そして、色。
もちろんほかにもあります。

つまり、五感に関わるものはコミュニケーション要素となります。


また、コミュニケーションで大事なことは…
伝えたいことを正しく伝えること。

正しく伝えるためには、必要な情報を与えるということです。

コミュニケーション力不足、コミュニケーションが苦手とは、
コミュニケーションをとる上で必要な情報が分かっていないだけなのですひらめき電球

知らないのであれば、学べばいいのです。
スキルが低ければ、学んで高くすればよいのです。

世の中には、持って生まれた才能もありますが
多くは、生まれてからの経験で身に付く能力です。

もちろん言語も大事です。
でも、非言語もコミュニケーションで必要な要素であり
非言語が与える影響力が大きいのであれば
この非言語の力を借りない手はありませんよね。

非言語の重要性

トムとジェリーで、改めて考えさせられました。


あなたは、非言語のツールをどれだけ使いこなしていますか?

色彩心理セラピストは
あらゆる悩みや問題の解決に色というツールを使って
すばやくクライアントの問題を理解します♪

さらに、感情的痛みの深さに純粋に耳を傾け、
クライアントが自分で答えを見つけることが出来るように手助けをいたします。

色彩心理セラピストによる共感と受容、
そしてクライアントが理解されたと感じた時、本当の意味での癒しが生まれます。

色彩心理セラピーは、最も安心で安全なセラピーです。
あなたもそんなセラピストになりませんか?

いままさに、言葉だけでは限界の時代がやってきていますキラキラ

心身の健康を保つために
非言語ツールの色彩を扱うプロが色彩心理セラピストです。
現役のカラーセラピストや色彩を扱う職業の方にも好評の講座です。

セラピスト養成講座についてはこちらをご覧ください。
https://colorschool.jp/?page_id=19127