「これからは何で色彩心理の時代なの?」Zoom講座開催!

「これからは何で色彩心理の時代なの?」Zoom講座

色彩心理の世界って、どれくらいご存知でしょうか?
皆さんがイメージしている以上に、あらゆるところで活用されている色彩心理。
ここ数年では、教育現場でも色彩心理に注目してほどです。

「色彩心理ってそもそも何?」「どんなことに役に立つの?」
「よくアドラーvsフロイトって聞くけど、どっちがいいの?」

「なんでこれからのツールなの?」など
気楽に聞ける、でも奥深い色彩心理のお話をしたいと思います。

ー 対象となる方 ー
●子育て中のママ ●色彩心理に興味がある方
●これから色彩や心理を仕事にしたい方
●学んだけど、いまいちピンと来てない方
●仕事に活かしたいと思っている方
●教育関係者
●スクール卒業生(復習になりますよ!)

など、とにかく色彩心理ってどんなのか知りたい!という方
是非ご参加ください。

ー 参加に当たってのお願い ー
冷やかしなどでの参加はご遠慮願います。
また、Zoom講座では、必ず画面オンでの参加をお願い致します。

《日時》
●11月2日(月)10:00~12:00 / 19:30~21:30
●11月8日(日)10:00~12:00
●11月19日(木)19:30~21:30
●11月24日(火)10:00~12:00
●11月29日(日)10:00~12:00 / 16:00~18:00

《参加費》
 2,000円 ※事前振込み
 お申込み後、口座案内いたします。

★★事前準備のお願い★★
①Zoomアプリをダウンロードしてください。
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
②表示される名前をお申し込み時のお名前に変更してください。
確認に必要となりますので、ご協力お願い致します。
 お名前表示を希望しない方は、もって入室する際のお名前をお知らせください。


【お申込み】
メールにてお申込み下さい。
colorelementschool@gmail.com
下記の内容をお知らせください。
件名「これからzoom講座」 とし
①お名前 ②メールアドレス ③連絡先 ④ご希望日時 をお知らせください。


色のひとくちメモ★色の秘密

色の歴史は果てしなく遠い…

BC20万年前
古墳から顔料が見つかったことをはじめとし
フランスのラスコーやスペインのアルタミラなど
世界中の洞窟で発見された絵は約1万年も前のものでした。

古代ギリシャ時代、クレオパトラやユリウスは
紫を大変好んで使用したのです。

紫色は、赤と青を混ぜればすぐ作れます。

しかし、中世以前のヨーロッパにおいては、混色は神への冒涜…
純粋な紫を探すのは実に困難だったのです。

高貴な色があれば、不吉な色や裏切りの色あり、
このように、色にランク付けしたのもこの頃です。

古今東西、美しい色は高貴な人やお金持ちしか手に入れることができませんでした。

一般庶民は美しい色の織物を身に着けることができなかったのです。
一般庶民が着ている色と言えば、生成りや薄汚れたネズミ色だったりします。

織も荒く光沢もない麻袋を想像してください。

今世紀、カラーTVの普及から、
私たちは夢をカラーで観るようになったと言われたことを思い出しました。

何か頷けますね。

中世のヨーロッパ、宗教画が盛んに描かれていったのは、
当時の人々はほとんど文字が読めなかったといいます。

文字の読めない人々が、キリストの美しい教義を理解する上では
絵は重要な役割だったのですね。

さらに、ステンドグラスから差し込む色光が
人々の魂をどれだけ揺さぶったのか想像できます。

教会とは犬猿の仲だったあのレオナルド・ダ・ビンチも、
晩年は教会にひざまずいて祈ったそうです。

そして静かな教会のステンドグラスの紫の光を受けると、
瞑想が十倍にも膨らむと言っています。

もし全ての宗教画が白黒の世界で描かれていたら、いかがでしょう?

色のない世界は闇です。

人は苦しみの中では色を失いますが、
またふたたび、色によって心を取り戻す事ができます。

色は希望であり、色は言葉以上の言葉なのですね。

当スクールの色彩心理セラピーは
11年前のスクール開校以前は、心療内科で実践しておりました。

色彩という電気信号により脳へ刺激を与えて
言葉では響かない深層心理にアプローチしていきます。



《急募》
残りわずかです!!
集客ツールとしてもおススメの講座です♪
今なら特別価格(10月30日までの限定)にて受講できます!
https://colorschool.jp/?p=19686


心理のひとくちメモ★思考とは何か?

image

心理のひとくちメモ 【思考とは何か?】

思考とは自分への質問、そしてその答えをだすプロセスです。
人は、1日3万回以上の思考をしているといいます。

私たちは1日3万回以上も自分に質問を投げかけ、
それに対する答えを考えているのです。

自分自信とコミュニケーションしている時、
自分の中ではどんな感情が起こっているのでしょうか?

よくよく自分自身を観察してみるといいでしょう。

思考の質は、大きく分けてポジティブかネガティブかです。

コミュニケーション能力と言いますが、
第一歩は自分とのコミュニケーションです。

自分の中にいつもネガティブな答えしか出せない人が、
他人とのよりよいコミュニケーションを取れるはずもありません!

何故ネガティブな答えしか出せないのでしょうか?
それは間違った≪思い込み≫が邪魔しているからです。

私は、人々の間違った≪思い込み≫を取り除くことができます。

長年かかって多くことを学びそして研究し、
多数のカウンセリングやセラピーを実践し、そのパターンを掴んでいるからです。

ネガティブな感情から解放されたとき、深い筋肉の凝りからも解放されます。

まるで、身体に羽が生えたかのように、心が軽くなるのを感じるでしょう。
見る世界は変わり、自分自身にも他人にも優しくなっていくのを感じます。

それが色彩心理セラピー「CETプログラム」です。
脳科学と心理学をベースに開発された「CETプログラム」は、
色の力で心の問題を解決していく画期的なカラーセラピーです。

当スクールの色彩心理セラピーは
11年前のスクール開校以前は、心療内科で実践しておりました。

色彩という電気信号により脳へ刺激を与えて
言葉では響かない深層心理にアプローチしていきます。


《急募》
残りわずかです!!
集客ツールとしてもおススメの講座です♪
今なら特別価格(10月30日までの限定)にて受講できます!
詳細はこちらをご覧ください。

https://colorschool.jp/?p=19686


大好きな建築家をご紹介

大好きな建築家。

建築家エマニュエル・ムホー

https://www.emmanuelle.jp/100colors

福岡にも彼女の作品があります。
しかも保育園。子供達楽しいだろうなぁ。
まあ、これだけふんだんに色彩を使えば
迫力あるし感動すると思いますが
過度だから「色彩ってすごい」のではなく
適度な量の色彩でも、効果を感じて欲しいなと思います。

酸素があるのと同じレベルで
当たり前に存在している色彩ですが
生きていく上で、大切な糧です。

色彩のない世界をイメージしてみてください。
目の前の景色が、1色だったらどう感じますか?


信号が1色だったら?
事故起こさずにすみますか?

コンビニの看板が1色だったら?
迷わずロー○ン見つけることできますか?

全員が同じ色の洋服だったら?
すぐに待ち合わせの人と会えますか?

色彩は、情報であり刺激です。
生活に欠かせないツールです。
見た目だけの、流行りの、ツールではないのです。

あまり知られていませんが
医療の現場でも色彩は活用されています。
それが色彩療法です。

当スクールの色彩心理セラピーも
11年前のスクール開校以前は、心療内科で実践しておりました。
色彩という電気信号により脳へ刺激を与えて、言葉では響かない深層心理にアプローチしていきます。


色彩の重要性、そんな大袈裟なものではなく
生活レベルでもっと広がってほしいなぁと思います。


色は身近なもので楽しめます♪

朝からネギ切り。
今までに何度もアップしてるので
もういいか…と思ったものの、
やっぱり切った時のグラデーションが好きで
つい撮っちゃう…
いや、撮らずにはいられない。
職業病です(笑)

2枚目は5月に撮ったもの。
やはり黄色いまな板の方が映えますね。

美味しさには、色彩という要素は外せません。
料理を変えずとも、ランチョンマット1つで
見た目の美味しさは変わりますよ。

それより、まな板そろそろ変えなきゃね(笑)


そろそろ締め切りとなりますので
ご興味ある方はお早めに!
10月末までの特別価格!
カラーカードリーディング講座受講生募集中
です。
詳しくはこちらをご覧ください💁‍♀️
https://colorschool.jp/?p=19686