コミュニケーションアート講座

PTSDやトラウマを抱えている子供にお絵かきをさせると、黒やグレーの色を多く使います。
黒やグレーは、不安や恐怖を意味します。
無意識に選んだ色に、大きな意味が隠されているのを見逃すことはできません。
コミュニケーションアートのような、アートセラピーは、潜在意識に直接アクセスします。
アートセラピーは、言葉にならない感情や感覚を引き出します。
アートセラピーは、怒りや不安や悲しみの「感情処理」のツールです。
悲惨な過去と対峙するとき、心が張り裂けそうになることがあるでしょう。
言葉で言い表せない、辛酸な思いから目を背けたくなるでしょう
怒りやイライラが、心と体を取り囲むかもしれません。
しかし、中途半端な「感情処理」は、生きづらさを「強化」します。
アートセラピーは、安心・安全で無理なく「感情処理」を促すことができます。
そして、本当の自分に気づいたとき、見えてくるものがあるのです。
それはリソース(自分の中に備わる内的資源)、
つまり才能や資質に目覚め、生きる喜びを、生きる意味を見出すのです。
アートセラピーは、想像力を鍛え、自己成長へと変化させていきます。

アートセラピーは、言葉のいらない『癒しのツール』です。

講座詳細については、ただいま準備中です。
近日公開します。しばらくお待ちください。