HOME

私たちは、極彩色の世界で生きています。
ご存知ですか?1日で15,000色以上の色を見るとも言われているのを…
毎日毎日何かしらの色の影響を受けて生活しています。これは無視できない事実です。

さて、私たちの感情や感覚はどうやって生まれてくるのでしょうか。
それは、言葉などの外部からの刺激によって生まれてきます。
色を見て「綺麗だ」「癒される」など感じたことがあるでしょう。

このように色も刺激であり瞬時に脳を刺激し感情を揺さぶるのです。
私たちは、色彩に反応せずにはいられないのです。
つまり、色の前では嘘がつけないのです。

色は、感情を育てます。色は、生きる糧なのです。
色があなたのミカタとなり、あなたの人生を彩りよくしてくれます。

色は、言葉以上に便利なコミュニケーションツールと言えます。
色彩を使って「心の見える化」をしていきます。

心は脳の働き… 

色彩や色彩心理を学ぶと、世界が違って見えてきます。
心理学や脳科学を学ぶと、心の有り様に変化を感じます。
色彩は優しく、そして強烈に、心の深層にアクセスします。
これまでの世界が変わる色彩の世界、あなたも覗いてみませんか?